MENU

睡眠 評判

  • うつの原因にもなる不眠症を、睡眠薬を使わずに睡眠サプリや生活習慣の改善で改善してみませんか?


睡眠ブーム?


睡眠というと最近はテレビCMでもやっている味の素のグリナなど睡眠サプリの副作用ブームっぽいですね。 私自身は不眠症などの問題はないのですが、それだけ世の中では睡眠障害に悩まされる人が多いと言うことなのでしょう。 ツルハドラッグで見かけたリラックスナイトのようなサプリもあるようですが、これだけいっぱい発売されると違いがわからずこまってしまいますけどね。


寝不足だけでは問題ないしても、仕事などで成果が求められる場合はパフォーマンスに影響しますよね。 眠いってだけで意識はハッキリしませんし、研究ではアルコールで酔っ払っているのと同じくらいの農場対とも言われています。 そうなるといくら優秀な人でも能力は発揮できないですし、ぼーっとしてる自分にもなんかなっとくが行かなかったりするんですよね。



睡眠トラブルの原因


睡眠に問題がある人は、まず寝られない。夜ふとんに入っても目がさえてしまって眠れない。眠るってどうやるんだっけ?と聞きたくなるくらいに眠気がなかったりします。私も何度かありますが、眠くないんだから横になってるだけで退屈なんですよね。 ただ疲労という観点からは、暗い場所で横になっているだけでも疲れはとれるので選択肢の1つではありますよ。


眠気がない大きな原因は、体内時計に乱れと言われています。 時差ぼけなんかもそうすが、身体や脳は活動する時間だと思ってしまっているんだとか。 だから夜中でも目がさえてしまうのは、昼間のように何かをやるのにぴったりのタイミングとも言えるんですが、寝たいでしょう。 実際にkの状態になるとどうしようもないそうなので、横になってじっとしておきましょうw


対策としては実は朝。時差ぼけと同じで体内時計を戻すにはお日様の光を浴びること。 だから夜その状態になったらあきらめつつ、翌朝にしっかりと太陽の光を浴びましょう。 実際に不眠症の改善治療として強い光を朝に浴びるってのもあるのでこれが一番効果的で副作用などもなくていいと思いますよ。


睡眠 方法


朝に光を浴びるとだいたい11時間後に眠くなると言われています。 眠くなるには「メラトニン」というホルモンの影響なのですが、強い光を浴びた11時間後に大量に分泌されるんですって。 スピリチュアルの世界でも朝に太陽を見るといい、なんて聞いたことがありますが関係があるのかもしれませんね。 つまり朝に明るい所にいたりするのも有効ですね。


夜寝られないとスマホやパソコンをやったりすると、夜に強い光を浴びることになり体内時計がズレてしまいます。なので睡眠のサイクルを改善するには1週間程度は生活習慣をコントロールする必要がある、ということですね。 自律神経が正常に動けば自然とこうなっているはずなので、眠れない場合はまずこの光のコントロールからが基本となりますよ。


あくまでも睡眠サプリメントなどは、生活習慣をただしてからサポートするためのもの。睡眠薬も同じですね。 なのでまずはこの光による自律神経のコントロールを意識してみましょう。